PR Python全般

【Pythonとは】初心者が気になる学習メリットをわかりやすく解説!

※本サイトの記事には、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

  • Pythonってなに?どんなことができるの?
  • Pythonを学習するメリットって何?
  • Pythonのおすすめの学習方法は?

こんな悩みを解決します!!

Pythonは高レベルのプログラミング言語で、簡単なコードと柔軟な機能により、多くの開発者に人気があります。

プログラミングと聞くと初心者には難しそうに聞こえますが、Pythonは誰でも習得しやすい言語です。

Pythonを習得すれば、業務効率化ツールの作成や、データ分析、Webアプリケーション開発など様々な分野で活躍することができます。

本記事では、Pythonの特徴やメリット・デメリット、活用事例をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、Pythonを学習する意欲が高まります。おすすめの学習方法も紹介しますので、ぜひ活用してください。

最後まで読んでいただけると嬉しいです!!


\ 学習時間をムダにしたくないなら /

おすすめオンラインスクール

Pythonを効率的に学習するには、オンラインスクールを活用するのがおすすめです。
おすすめオンラインスクールはこちらの記事で紹介しています。  

コスト重視:デイトラPythonコース 紹介記事はコチラ

AIスキル重視:Aidemy PREMIUM 紹介記事はコチラ

転職重視:キカガク長期コース 紹介記事はコチラ

Pythonとは

Pythonは初心者でも習得しやすい、汎用的なプログラミング言語

Pythonは、C言語やJava、VBAなどと同じ、プログラミング言語の1つです。

1991年にオランダのグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発された言語で、高水準で汎用的なプログラミングを行えます。オープンソースで、誰でも無料で利用可能です。

Pythonはコンパイル不要でプログラムを実行することができ、手軽に使用することができます。

Pythonはコードがシンプルで、理解しやすいため、プログラミング初学者でも習得しやすい言語です。

Pythonの特徴

  • 高水準で汎用的なプログラミング言語
  • シンプルで読み書きしやすい構文
  • 豊富なライブラリ・フレームワーク

高水準で汎用的なプログラミング言語

Pythonは、直感的な構文と強力な機能により、高水準で汎用的なプログラミング言語になります。

データサイエンス、Webアプリケーション開発、人工知能、科学計算など多岐にわたる分野で活用されています。

特に、人口知能や機械学習の分野での人気が高いです。

シンプルで読み書きしやすい構文

Pythonは、コードの簡潔さと明確さを重視した言語です。

そのため、初心者にとって学びやすく、また経験豊富なプログラマーにとっても効率的にコードを記述できます。

例えば、他の言語では変数の宣言をするときに、変数の型(整数型や、文字列型、ブール型など)を指定する必要があります。

一方、Pythonでは、変数の宣言は「変数名 = 値」の形式で行うだけで済み、変数の型を指定する必要はありません。

豊富なライブラリ・フレームワーク

Pythonには、数学、科学、データ処理、機械学習など、さまざまな機能を提供するライブラリ・フレームワークが豊富に用意されています。

ライブラリとは、プログラムでよく使われる機能(関数やパッケージ)がまとめられたものを言います。

フレームワークとは、アプリケーションの開発を容易にするために設計されたライブラリとコードの集合のことを言います。

ライブラリとフレームワークを活用することで、Pythonエンジニアは効率的に開発を行うことができます

ライブラリについてはこちら記事で紹介しています。
 ⇒Pythonライブラリを紹介!インポート方法もわかりやすく解説!!

Pythonのメリット、デメリット

Pythonのメリットとデメリットは次の通りです。

メリット

  • プログラミング初心者でも始めやすい
  • Pythonのスキルが幅広い用途で活用できる
  • Pythonの将来性が高い

デメリット

  • 他の言語と比べて処理速度が遅い
  • メモリ使用量が多い
  • スマホ向けのアプリ開発にはあまり使われない

メリット

プログラミング初心者でも始めやすい

Pythonは「シンプルで読み書きしやすい構文」が特徴です。

他のプログラミング言語と比べて自然言語に近い文法が採用されていて、英語に近い表現になっています。

そのため、プログラミング初心者でも直感的にコードを理解でき、学習しやすいというメリットがあります。

Pythonのスキルが幅広い用途で活用できる

Pythonは汎用的なプログラミング言語です。

豊富なライブラリ・フレームワークを活用すれば、日々の業務効率化ツールやWebアプリケーション開発、データ分析、機械学習など様々な用途で活用することができます。

プログラミングをやってみたいけど、まだ明確な目的がない人には、Pythonはおすすめです。

将来性が高い

Pythonはいま勢いがあるAI分野など幅広い分野で活用できるため、将来性が高いプログラミング言語といえます。

プログラミング言語の人気ランキングでも、Pythonは上位に位置付けています。

Pythonの需要はこれからも高まっていくため、これからプログラミングを始めるならPythonがおすすめです。

デメリット

他の言語と比べて処理速度が遅い

Pythonはインタプリタ型言語のため、C言語などのコンパイル言語と比べると処理が遅くなります。

インタプリタ型言語とは、プログラム実行時にインタプリタでコードを1行ずつ解釈し、実行する言語のことです。

一方、コンパイル言語は、事前にコンパイラでコードを機械語に変換する言語のことです。

Pythonは実行時に変換しているため、高速処理が必要なシステムには不向きです。

しかし、個人の自動化ツールやデータ分析などの一般的な使用方法なら影響ありません

メモリ使用量が多い

Pythonは、他の言語と比べてメモリ使用量が多くなるという傾向があります。

そのため、大規模なデータ処理を行う場合、メモリ不足が発生する可能性があります。

メモリ管理は自動で行われていますが、メモリ解放のタイムラグがあったりします。

余分な変数やリスト、辞書などをなくすように心がける必要があります

スマホ向けのアプリ開発にはあまり使われない

Pythonはスマホ向けのアプリ開発にはあまり使用されません。

BeeWareなどを使用すれば、スマホアプリを開発することは可能ですが、JavaやSwiftといった他の言語の方が採用されることが多いです。

Pythonでできること

業務効率化ツール作成

Pythonは、繰り返し作業を自動化したり、データを収集・分析したりするプログラムを簡単に作成することができます。

様々なアイデアを合計53種類紹介していますので、参考にしてください。
 ⇒【業務効率化】Pythonで作れる自動化ツール具体例・アイデア53選!

業務効率化に向けた自動化ツールの作成方法については、こちらの記事で解説しています。
 ⇒【Pythonで業務効率化】自動化ツールを自作する方法を5STEPで解説!

業務効率化に向けた自動化ツールのサンプルコードはこちらで紹介しています。
 ⇒https://note.com/pythonsoba

Webスクレイピング

RequestsやBeautiful Soup、Seleniumというライブラリを使用することで、Web上の情報を自動的に収集することができます。

人工知能・AIの開発

TensorFlowやPyTorchなどのライブラリを使用することで、機械学習モデルの開発や学習を簡単に行うことができます。

Webアプリケーション開発

DjangoやFlaskなどのフレームワークを利用して、WebサイトやWebアプリケーションの開発ができます。

データ分析

PandasやNumPy、Scikit-learn、statsmodelsなどのライブラリと組み合わせることで、データの分析を簡単に行うことができます。

Pythonの具体的な使用例

多くの有名なWebアプリケーションでPythonが使用されています。

難易度は高いですが、Pythonをマスターすれば、以下のようなWebアプリケーションを作ることもできます。

YouTube

YouTubeでは、動画の配信、制御、操作などのためにPythonが使用されています。

PythonはYouTubeの要求するスケーラビリティや速度に対応できる柔軟性を提供します。

Instagram

InstagramはPythonをサーバーのバックエンドで広く使用しています。

高いトラフィックに対応するためのスケーラビリティやメンテナンスのしやすさがPythonを選択する理由です。

Spotify

Spotifyはデータ処理とバックエンドサービスにPythonを利用しています。

特に、データ分析において重要な役割を果たしています。

Dropbox

Dropboxはクライアントサイドとサーバーサイドの両方でPythonを使用しています。

このサービスの初期の開発はPythonで行われ、今でも核となる部分にPythonが使われています。

Reddit

RedditのWebプラットフォームの多くはPythonで書かれています。PythonのフレームワークであるPyramidを使って、その大規模なユーザーベースをサポートしています。

Pythonの将来性

Pythonは人気のあるプログラミング言語であり、将来性が高いと言えます。

米国の調査会社TIOBE Softwareが毎年発表している「プログラミング言語の人気ランキング」において、2023年版ではPythonが1位を獲得しました。

TIOBE Index(https://www.tiobe.com/tiobe-index/)

Pythonを活用しやすい職種

データサイエンティスト

データサイエンティストは、データ分析の専門家です。

大量のデータを解析し、その結果から有益な情報を抽出することが主な仕事になります。

PythonにはNumPyやPandas、Matplotlibといったデータ分析に特化したライブラリが豊富にあるため、データサイエンティストの仕事に欠かせない言語です。

AI・機械学習エンジニア

AI・機械学習エンジニアは、人工知能(AI)や機械学習の技術を活用して、さまざまなデータを分析し、新たな価値やサービスを創出する専門家です。

データの収集・処理から、モデルの開発、アルゴリズムの設計・実装、システムの運用・改善まで幅広い業務を担当します。

Webエンジニア

Webエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションの開発、運用、管理を担当します。

重要なスキルにはHTML、CSS、JavaScriptなどのWeb技術、サーバーサイドプログラミング、データベース管理などがあります。

システムエンジニア

システムエンジニアは、クライアントのニーズに応じてコンピュータシステムの設計、開発、保守を行います。

この職種では、プログラミングスキル、システム設計能力、問題解決能力が求められます。

また、プロジェクト管理能力やチームワークも重要で、技術的な専門知識と共にビジネス面での理解も必要です。

システムエンジニアは多様な業界で活躍し、技術革新の中心的役割を果たしています。

Pythonエンジニアとして就職・転職

Pythonエンジニアは、将来性があり、高収入が期待できる職種です。

近年、AIやデータサイエンスなどの分野の需要が高まっており、前述したような職種にてPythonの需要も高まっています。

未経験からでも転職は可能ですが、Pythonの基本的な知識とスキルを身につけておくことが重要です。

Pythonエンジニアとして転職を成功させるためには、以下の点に注意しましょう。

  • Pythonの基本的な文法や構文を身につける。
  • データ分析や機械学習などの応用的な知識を身につける。
  • ポートフォリオを作成し、実務経験やスキルをアピールする。

プログラミングスクールや転職エージェントを利用することで、Pythonエンジニアとしての就職・転職が成功する可能性が高まります。

Pythonを活用した副業

Pythonを活用して副業を行うこともできます。個人や法人から提示された仕様に合わせて、プログラムを作成し、ソースコードか実行ファイルを提出します。

Pythonを活用した副業には、以下のようなメリットがあります。

メリット

  • スキルや経験を活かして、自分のペースで稼ぐことができる。
  • 将来のキャリアアップやスキルアップにつながる。

副業で活用できるサービスには下記サービスがあります。

  • ココナラ
  • クラウドワークス

Pythonのおすすめ学習方法

書籍での学習

メリット

  • Pythonの基礎文法やプログラミングの考え方を体系的に学習することができる
  • 例題や演習問題を通じて、実践的なコーディングスキルも習得できる
  • 自分のペースで理解度に合わせた学習ができるため効率的である

デメリット

  • 最新のPythonの技法が反映されていない場合がある。
  • 内容でわからないことがあっても、すぐに質問することができない
  • 基礎文法の理解に偏り、実際のアプリケーション開発に必要なスキルが身につきにくい

Pythonの書籍での学習を検討している場合は、書籍の難易度も考慮して、自分の目的や学習スタイルに合った書籍を選ぶことが重要です。

youtubeでの学習

メリット

  • 基礎から応用までさまざまな内容の解説動画を無料で視聴できる
  • コードの実行過程が画面録画されているため、視覚的で分かりやすい
  • 自分の都合の良いタイミングで視聴し、繰り返し確認可能である

デメリット

  • 動画によっては断片的な情報になりがち、体系的な学習になりにくい
  • 動画の質にバラつきがあり、誤った解説をしている動画もあり注意が必要
  • 動画の視聴だけで完結してしまうため、モチベーション維持が難しい

YouTubeはPythonを手軽に学習することができ、初心者から上級者まで幅広いレベルの学習が可能です。

ただし、動画の質はチャンネルによって異なるため、信頼できる動画を探して学ぶことが重要です。

ブログなどの学習サイトでの学習

メリット

  • ブログは無料で公開されているため、学習するコストがかからない
  • 自分の都合の良いタイミングで学習し、繰り返し確認可能
  • サンプルコードを利用してプログラムを作成することができる

デメリット

  • 情報の質にバラつきがあり、古い情報や誤った情報もあり注意が必要
  • 動画や音声に比べて、理解しにくい場合がある
  • わからないことや困ったことがあったときに、自分で解決する必要がある

Pythonのブログなどの学習サイトは、手軽に学習することができるためPythonを学ぶには非常に有効な方法になります。

しかし、体系的に学習したい場合や、わからないことや困ったことがあったときにサポートを受けたい場合は、書籍やオンライン講座などを併用すると効率的です。

オンラインスクールでの学習

メリット

  • 24時間いつでもアクセス可能で、自分のペースで学習できる
  • 豊富な演習問題やサンプルコードが用意されていることが多く、実践を通じた学習ができる
  • 入門者向けから上級者向けまでレベルや目的に合わせた多様な講座がそろっている

デメリット

  • 他の学習方法と比べると、コストがかかる
  • 技術的な質問や個別の相談にすぐに答えてくれるわけではない
  • コースや内容を選ぶのが難しく最適な学習ができない場合がある

Pythonのオンライン講座は、Pythonをしっかり学習する際に非常に有効な方法です。

ただし、メリットとデメリットを理解した上で、自分に合った講座を選ぶことが大切です。

おすすめオンラインスクールについてこちらの記事で紹介しています。
 ⇒【2024年2月】Pythonオンラインスクール おすすめ3社を厳選!

Pythonのインストール、実行

Pythonのインストール方法は、大きく分けて2つあります。

  • 公式版Pythonのインストール
  • Anacondaのインストール

公式版Pythonは、Pythonの公式サイトからダウンロードすることができます。

インストール手順は簡単なため、初心者でも簡単にインストールすることができます

Python公式サイト(https://www.python.org/)

Anacondaは、Pythonの公式版に加えて、データサイエンスや機械学習に必要なライブラリやツールがセットになったパッケージです。

データサイエンスや機械学習を学習する際には、Anacondaのインストールがおすすめです。

Anaconda(https://www.anaconda.com/)

Pythonのインストール方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。
 ⇒【初心者必見】失敗しないPythonの始め方、インストールマニュアル!!

Pythonの開発環境

Pythonのプログラムを作成するとき、メモ帳などのテキストエディタを使用しても良いのですが、

もっとおすすめなのが「Visual Studio Code(VSCode)」です。

VScodeとは、Microsoftによって開発された無料のソースコードエディタです。

軽量でありながら、多機能で拡張性に優れていることが特徴です。

プログラマーの間では非常に人気があり、Python以外でも様々なプログラミング言語やフレームワークに対応しています。

VScodeは公式サイトからダウンロードできます。

VSCode公式サイト(https://code.visualstudio.com/)

VSCodeについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
 ⇒【初心者向け】Python開発に最適なVSCodeの導入方法を3ステップで解説!
 ⇒【2024年最新】Python開発で便利なVSCode拡張機能 オススメ15選!

Pythonの基本文法

初めてプログラミングをする人にとって、Pythonの文法をすべて覚えるのは難しいですよね。

日々の業務改善ツールを自作する場合は、すべての文法を覚える必要はありません

Pythonで最低限覚えておきたい基本文法は、こちらの記事で紹介しています。
 ⇒【初心者必見】これだけでOK!Pythonの基本文法をわかりやすく解説

仮想環境での開発

Pythonで開発を進めるとき、仮想環境を使用することをオススメします。

Pythonの仮想環境とは、特定のプロジェクトに必要なPython環境を独立して構築できる仕組みです。

下記のようなメリットがあります。

メリット

  • プロジェクトごとに必要なライブラリを管理できる
  • 開発環境を簡単に再現できる
  • システムの安全性の確保

Pythonの仮想環境は venv を使用して作成します。

仮想環境の作成方法については、こちらの記事で解説しています。
 ⇒【Python仮想環境】初心者でもできるvenvによる仮想環境作成方法を解説!

作成したプログラムの共有方法

Pythonで作成したプログラムは実行ファイルにすることで、簡単に共有することができます

実行ファイルの作成には「PyInstaller」を使用します。

実行ファイルはPythonをインストールしていないPCでも起動することができます。

そのため、Pythonで作成した自動化ツールの実行ファイルを職場の人と共有したり、ココナラなどでツールの販売をすることが簡単にできます。

PyInstallerについては、こちらの記事で解説しています。
 ⇒【PyInstallerの使い方】Pythonで実行ファイルを作る方法をわかりやすく解説!

Q&A

Pythonとは何ですか?

Pythonは、シンプルで読みやすい構文を持つ高水準のプログラミング言語です。多目的に使用でき、Webアプリケーション開発、データ分析、人工知能など幅広い分野で活用されています。

Pythonはどんなことができるの?

Pythonは、数値計算、Webアプリケーション開発、データ分析、機械学習、人工知能など、幅広い用途で活用できる汎用言語です。

Pythonはどのくらいの時間で学べますか?

Pythonの学習時間は、学習方法や学習者のスキルによって異なります。独学で学ぶ場合は、基礎を身につけるのに半年から1年程度かかります。オンライン講座やプログラミングスクールで学ぶ場合は、1か月から3か月程度で基礎を身につけることができます。

おすすめ書籍

まとめ

本記事では、Pythonについて解説しました。

Pythonは、初心者からプロフェッショナルまで幅広く使われているプログラミング言語です。

コードが書きやすく、理解しやすいため、プログラミング初学者にも非常に人気があります。

メリット

  • プログラミング初心者でも始めやすい
  • Pythonのスキルが幅広い用途で活用できる
  • Pythonの将来性が高い

上記メリットから、プログラミングを始めるのに最適な言語の一つと言えます。

Pythonは、今後ますます需要が高まると予想される、将来性の高いプログラミング言語です。

今からPythonを習得しておけば、将来的に大きなメリットを得ることができます。

プログラミング初心者はぜひPythonに挑戦してください!!

Pythonを始める方は、こちらの記事を読んでインストールをしましょう


最後まで読んでいただきありがとうございます!

ご意見、ご感想があれば、コメントを頂けるとうれしいです!!

  • この記事を書いた人

よすけ

☆Pythonプログラマー ☆副業で業務改善ツール作成実績あり ☆noteでサンプルコード公開中 https://note.com/pythonsoba ☆デイトラPythonコース受講 ☆A.I.、機械学習を日々勉強中 ☆基本情報技術者、ソフトウェア開発技術者 取得 ☆趣味はスノーボード、ボルダリング、ドライブ

-Python全般
-

業務効率化ツールのサンプルコードを多数公開中! 期間限定で無料公開!
サンプルコードをみる
業務効率化ツールのサンプルコードを多数公開中!
コードをみる